アークネメシスプロートス
幻竜族の最上級モンスターでありネメシスデッキの切り札の一角である。

最近そんなアークネメシスプロートスは
デストロイフェニックスガイメタとしてひそかに人気を集めてるらしい。

というわけで今回はそんなアークネメシスプロートスの解説を行おう。

その効果は大きく分けて3つ

1つ目の効果は場か墓地の属性が
異なるモンスター3体を除外し特殊召喚する効果

2つ目の効果は効果で破壊されない耐性

3つ目の効果は場のモンスター1体の属性を宣言しその属性のモンスターを
すべて破壊し次のターン終了時までその属性のモンスターを
特殊召喚できなくする効果

まず2つ目の破壊耐性のおかげでデスフェニの
効果で破壊されなく3つ目の効果でデスフェニを破壊できるのである。

更に3つ目の破壊効果後には
宣言した属性のモンスターを特殊召喚できなくするのである。

つまりデスフェニの破壊効果の発動後に出せば
次のターンに発動するデスフェニの蘇生効果が発動しなくなるのである。

つまり先出しでも後出しでも
デスフェニに強い効果である。
(デスフェニが出された後に出せるかどうかはデッキによるが)

また、ネメシスは元々フラッグのおかげで手札に加えやすいが幻竜族である
プロートスの場合は幽なる幻滝と龍相剣現でサーチできるのである

だが龍相剣現はシンクロモンスターがいない場合は
幻竜族じゃなくて相剣モンスターのサーチになってしまうという欠点がある。

最も、ハリラドンのいつもの展開をすれば
自然とシンクロモンスターも出てくるから問題はないだろうが。

ねんのため龍相剣現を使う場合は他の相剣モンスターを採用したほうがいいが

なら相剣師-泰阿を使おう!!

このカードは墓地の相剣カードか幻竜族を除外してレベル4の
チューナートークンを特殊召喚する効果を持つレベル4幻竜族である。

そう、相剣カードである。

龍相剣現でサーチすればそのままシンクロ召喚できるのである!!

しかも龍相剣現は除外されたら相剣モンスターか
幻竜族のレベルを1つ挙げるか下げることができるのである。

つまりレベル7から9の
シンクロモンスターを使い分けられるのである。

特に相剣大師-赤霄なら
蘇生カードである大霊峰相剣門をサーチできるから悪くない選択肢だろう。

相剣デッキ、ないし相剣を出張させた
デッキの隠し味として使ってみるのも悪くないかもしれないのである。

というわけで以上、ご一読ありがとうございました。