最近魔玩具補綴(デストーイパッチワーク)が値上がりしている。

理由は言わずもがな、ガーディアンキマイラである。

なんせ1枚で融合とエッジインプモンスターをサーチする効果を持っており

本来ファーニマルでしか採用されないがガーディアンキマイラを融合召喚するうえではこれ以上にうってつけなカードになってしまったパターンである。
(遊戯王ではよくあることだがな)

そんな魔玩具補綴はエッジインプチェーンと出張させることによってガーディアンキマイラの素材にしながら更にデストーイカードをサーチする動きが注目されてるのである。

よって後続の魔玩具補綴をサーチして後続につなげる動きが注目されてるのである。

ではそんな魔玩具出張セットを有効活用できるデッキは何かというと

そう、月光である。

何故そう断言できるかというとまずは月光は少しでも早く融合を引いときたいデッキである
(ていうか融合がないと何も始まらない)

しかし、沼地の魔神王では素材指定の肩代わりする効果が活きないのである。
(月光融合モンスターは素材代用効果を使えないのである)

だが魔玩具補綴ならサーチしたエッジインプをスターヴヴェノムやドラゴスタぺリアの素材にできるから無駄がないのである。

特にドラゴスタぺリアはフリチェでモンスター効果を無効にできるから併用する価値は非常に高いといえるだろう。

素材の重さも魔玩具補綴の効果で補えるから狙う価値もあるのである。

その上闇属性だから闇の誘惑のコストにしたり見習い魔嬢の素材に出来るから併用する価値もあるのである。

そして月光デッキはランク4を出すことも得意なデッキである。

つまりデュガレスのパンプアップも狙えるのである。

元々月光はパンプアップと相性がいいのもあるが魔玩具補綴とガーディアンキマイラを投入する場合はあるカードと併用することによってその爆発力はさらに大幅に上がるのである。

その名もトイパレード

エクストラデッキから特殊召喚された闇属性モンスターにモンスターを戦闘破壊するたびに続けて攻撃できる効果を付与する通常魔法である。

本来月光デッキの場合はそこまで相性の良いモンスターが多くないがガーディアンキマイラなら邪魔な魔法罠を破壊しながら発動できるうえになにより

このカードはルール上
デストーイとして扱うのである。

つまり魔玩具補綴からのガーディアンキマイラでエッジインプチェーンをサーチすることでトイパレードをサーチできるのである。

さらに月光ならデュガレスの効果で攻撃力を倍にできるのである。

更にトイパレードの連続攻撃はそのまま直接攻撃できるから。

デュガレスで攻撃力を倍にすれば
相手の場に攻撃力5200以下のモンスターがいればワンキル確定である。

つまりほぼほぼ攻撃表示のモンスターがいればワンキル確定といっても過言じゃないだろう。

更に、ペンテスタッグは貫通効果を付与できるから併用すればワンキルりょいくがさらに上がるのでお勧めである!!

というわけで以上、ご視聴ありがとうございました。