ファイアウォール・ドラゴン・シンギュラリティの解説!!特異なリンクマーカーが新たな戦術を生み出すぜ!

2023年1月14日発売のサイバーストームアクセスにてファイアウォール・ドラゴン・シンギュラリティの収録が判明!!

 

モンスターの種類を参照するバウンス効果とリンク先墓地送りによる蘇生効果サイバース族の特徴とファイアウォールドラゴンの効果を踏襲した良き新規と言えるのだ。

 

というわけで効果はこちら

 

リンク・効果モンスター リンク6/闇属性/サイバース族/攻3500

【リンクマーカー:左上/上/右上/左/右/下】 効果モンスター3体以上

 

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

 

(1):自分・相手ターンに、自分のフィールド・墓地のモンスターの種類(儀式・融合・S・X)の数まで、 相手のフィールド・墓地のカードを対象として発動できる。 そのカードを持ち主の手札に戻す。 このカードの攻撃力は戻した数×500アップする。

 

(2):このカードのリンク先のモンスターが、戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合、 自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。

 

因みにリンクマーカーはジ・アライバル・サイバース@イグニスターのリンクマーカーを上下反転したものになっているぞ

双方がある種の到達点を意味するから意図したのは間違いなさそうですね





一つ目の効果は場と墓地のモンスターの種類を参照するバウンス&自己強化効果

あくまで種類数を参照するだけでそれを除外なり戻すなりのコストはないのである。

 

つまり条件が整えば毎ターン4枚バウンス出来るという事である!!

 

更に同パックの新規であるサイバース・セイジを儀式召喚すれば儀式と融合とシンクロを賄うことが出来るから特化すればそこまで難しくはないだろう。

 

ついでに言えばサイバース族にはサイバースウィッチが存在するから専用構築もそこまで難しくはないのである。

 

問題はどうしても事故りやすい事だが・・・

 

サイバースウィッチが決まれば毎ターン4枚ハンデス!!

種族はサイバース族じゃなくてもええから簡素融合を使ってもええかもな

 

丁度チューナーも出せっかんな

 

2つ目の効果は自身のリンク先のモンスターが墓地に送られた場合に発動するサイバース族を蘇生する効果。

 

戦闘破壊でも発動するからEXモンスターゾーンに置いて戦闘破壊するだけで発動するから展開力さえあれば発動そのものは難しくないだろう。

 

最も、上3方向にリンクマーカーが伸びてるから相手がペンデュラムやリンク召喚が主体の場合はそのリンクマーカーを利用されがちである。

 

その為この使い方をする場合はそのターンで決着を付けることを心掛けるべきだろう。

 

一応リンク素材などで自分で墓地に送る事も出来なくはないがサイバース族でも消費量がかさむことを考えたらこの使い方はあまりやらないと思うぞ。

 

リンクマーカーの都合上あまり展開を伸ばすのには向いてないのである。

 

消費がかさむから素直にEXゾーンに出した方が賢明だぞ

どうせ専用構築なら4枚バウンスの準備も整ってるかんね

 

総評

シンギュラリティの名にふさわしい新たなファイアウォールドラゴン

今までのファイアウォールドラゴンの要素を踏襲しながらも現代の環境でも戦えるように調整された良新規である。